株式会社フェバープレース|長野県松本市のムービー・映像・動画制作会社

tel:0263-48-5172

社員紹介〜 Craftsman 08 〜

2021.03.05

BLOG

設備事業部で働く職人をご紹介します!

職人歴:15年 40歳
取得資格:
1級管工事施工管理技士
1級技能士 配管(建築配管作業)
監理技術者講習
ガス溶接作業者
移動式クレーン(1t以上5t未満)
玉掛技能者(1t以上)
フォークリフトの運転員(1t未満)
高所作業車運転者(作業床10m未満)
アーク溶接作業員
研削といし取替作業員
特定粉じん作業員
電気取扱い作業員(低圧)
石綿取扱い作業従事者特別教育
丸のこ取扱い作業従事者教育
足場の組立て等作業従事者特別教育
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育
職長等・安全衛生責任者教育(能力向上教育)
有機溶剤取扱いの業務
登録配管基幹技能者

01, この業界に入ったきっかけはなんですか?

この業界に入る以前は、営業事務や倉庫管理など色々な仕事をしてきました。
設備業界に入ったきっかけは、当時たまたまハローワークで目に入った仕事だったからです。設備業界に興味があったわけではなく、「やったことないけど、やってみよう。」という気持ちでこの世界に飛び込みました。

02, FPでのあなたの業務経験と今の業務内容を教えてください。

実務の経験としては、官庁関係の市役所や病院施設の冷暖房を担当していました。
大型施設の空調は通常のエアコンの空調とは違い、機械室があってそこで空気を作る形になっていますので、設備工事の規模が大きいものになります。設備の中でも専門的な案件になりますね。
トイレ等の衛生設備もやってきましたが、地面に配管を通す為の穴掘りはあまりしたことがありませんね。

現在は、配管を流れる液体の流速や温度を測定するセンサー周りの配管をしています。その他、工場で使用する排水配管も今は手掛けていますね。

03,設備業界に長く勤めて、感じる事はありますか?

周りの職人には年配者が多くいます。高齢化も進んでいますがこれは裏を返せば、歳をとっても『この先ずっと需要のある仕事』であると感じています。

またこの仕事は、地図に残る仕事なので何十年もその建造物が残るという所に、この業界のやりがいがあります。

04,現在の業務の中で、こだわりや信念を教えてください。

『やるときはやる!』

技術も、知識も、仕事に対する自信も、他の職人には負けないように仕事をやってきているので負けない自負がありますね。

05,後輩の指導で意識している事はありますか?

自分も0からやってきているので思うのですが、そもそも『分からない事が分からない。』仕事なんです。
道具の名前から何から何まで・・
一つ一つ分からないのは当たり前。だから、今のうちに全部聞くようにと後輩には指導しています。

後は、怒らずに優しく。
今、ベテランと呼ばれる職人は怒鳴られながら育ってきている所がありますが、今の若い職人達はそれでは育たないのがわかっているので、親切に丁寧に。を心がけています。

06, 今後、成し遂げたい目標は?

何か趣味を見つける事。
今まで常に忙しさがあって、なかなか自分の時間を作ることができていなかったように思います。これからは、何か熱中できるものを見つけたいですね。

あとがき

今回は社員紹介第8弾、芝原さんの紹介でした。
芝原さんは当社で唯一配管の溶接が出来る職人さんで、お仕事にとても誇りを持ってる熱い方です。
入社当初、設備業という業界自体が初耳の私に、飲み会の席で設備業について熱心に教えてくれたのが芝原さんだったのを思い出します。仕事を熱く語れる所がかっこいいなと思いました。

建設業設備工事なら 長野県松本市 フェバープレース