株式会社フェバープレース|長野県松本市のムービー・映像・動画制作会社

tel:0263-48-5172

Craftsman introduction 03

2020.10.03

BLOG

設備事業部で働く職人をご紹介します!

職人歴:6ヶ月(2020.10月現在) 25歳
資格取得:
高所作業車運転者(作業床10m未満)
第2種酸素欠乏危険作業員

interview

01, 前職の仕事はどんな仕事ですか?
また、FPに入社したきっかけはなんですか?

 電気関係の資材を卸す材料屋で働いていました。仕事内容は取引相手である職人さんに、現場で使う材料を卸す営業です。
 転職を考えていた時に、フェバープレースで働いていた兄に誘われる形で入社を決めました。兄から仕事について大まかな話は聞いていたので異業種ではありましたが転職しました。

02, FPでのあなたの業務の内容を教えてください

 今はエアーの配管を担当。色々なセンサーに繋がる配管の取付をしたりしています。その他に、外構工事で散水栓の取付や地中熱の配管を地面に埋める作業などを担当しました。

03, 現在の業務の中で面白いと感じることはなんですか?

 配管伸ばしている時、先輩に教えてもらいながらではありますが、実際に物が少しずつ出来上がっていくので、それを見ていて取り組みがいを感じるし、やっぱり完成した物を見ると自分が作ったんだなという達成感がありますね。

04, 逆に、難しさ・大変さを感じるのはどんな時ですか?

 結構計算があるんですが、数字が苦手なのでそこが難しい所です。すぐに電卓を使ってしまっていますね。使用する配管の長さを計るんですが、そこを間違えるとずれていってしまうので難しいです。
 他には手先がそんなに器用じゃないので、小さいボルトを絞めたりするのもまだうまくいかなかったり、パイプが大きくなると、先輩たちが軽く絞めているパイプも、自分だと力の使い方がうまく行かずに締まらなかったりします。

05,  設備業界で働いてみて働く前とでは印象は変わりましたか?

 父が設備業をやっていたのでどんな仕事かは知っていました。
 働く前は体力さえあればなんとかなると思っていましたが、実際に働いてみて体力が必要な事はもちろん、頭も使う仕事だなと強く感じました。

06, 今後、チャレンジしてみたい仕事内容はなんですか?

 今は言われたことしか出来ていないので、早く一人立ちして指示されなくても一人でできるようにする事が目標です。
 一度言われた事・指示された事は自分から動けるようにしているんですが、一度言われただけでは合っているのかどうかまだ不安な面もあるので一つ一つ覚えていきたいです。

あとがき

 今回は配管ではなく、空調設備の取付を行う現場にお邪魔しました。大型の施設だと、エアコンの大きさも大型になり、とても重そうでした。
 設備工事は配管を通すだけじゃなく、衛生に関わる事・空調に関わる事などやる事は多岐に渡ります。侑希さんはフェバープレースでは一番若い職人さんになりますが、大変な仕事ながらも一つ一つの作業に真剣に取り組んでいる姿が印象的でした。